SBI証券と銀行

SBI証券の銀行というと、住信SBIネット銀行です。ともにSBIホールディングスのグループ企業です。

SBI証券と住信SBIネット銀行をつなぐハイブリット預金

SBI証券の銀行というと、住信SBIネット銀行のイメージが強いです。その理由は社名に同じ「SBI」が入っているので、関係会社だと連想できるからです。住信SBIネット銀行は、SBI証券と同じくSBIホールディングスのグループ企業です。

SBI証券と住信SBIネット銀行を連動させて、預金残高を投資資金として利用することができます。具体的には、住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金に入金すると、預り金自動スィープサービスが適用されます。SBIハイブリッド預金は銀行口座ですが、他の銀行よりも金利が高めに設定されています。そのためSBI証券を利用せずに、預金口座としてのみ使う人もいます。

SBI証券の銀行として、住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を利用するには口座開設が必要です。口座開設はネットでも行えます。また、SBIハイブリッド預金を利用するにはSBI証券の口座開設も必要です。

SBI証券の銀行口座に入金するには、セブン銀行ゆうちょ銀行などの提携ATMを利用します。これらの提携ATMは、手数料無料で入出金が可能です。住信SBIネット銀行に入金された資金は当初、住信SBIネット銀行の普通預金口座に預けられます。SBI証券での売買などの投資を行う場合は、資金をSBIハイブリッド預金へ振替する必要があります。振替作業はネット上の住信SBIネット銀行にログインして、金額と取引パスワードを入力し、振替ボタンを押すだけの簡単な手続きで完了します。

またSBI証券では、銀行からのインターネットを使った入金で即時入金サービスを行っています。提携銀行はみずほ銀行やゆうちょ銀行、セブン銀行の他に9行あります。普段利用している銀行からSBI証券宛に入金すると、即時入金サービスとして買付余力に反映されます。まだ住信SBIネット銀行の口座開設を行っていない人には便利なサービスです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.