SBI証券の手数料

SBI証券の手数料は格安なので人気があります。

SBI証券の手数料が安い理由

SBI証券は手数料プランが格安に設定されているために人気があります。主要なネット証券会社と比較すると、SBI証券の手数料は最低手数料ではありませんが、全般的に取引手数料が安くなっています。インターネット上にある比較サイトを参照すると、手数料のプランの安さでは常に上位ランキングされています。

SBI証券の手数料が安い理由は、ネット証券だからこそです。対面で相談しながらの投資の場合は、人件費などが手数料に含まれる事になります。また、取引用のサポートツール等を無料提供している証券会社も手数料が割高です。ツール等の利用料や開発費が手数料に上乗せされているからです。そこでSBI証券では専用ツールを有料設定にして、手数料の金額を抑えています。

一般に売買手数料が安いネット証券では、情報を自分で仕入れる必要があります。ですので売買の経験が豊富な人や、自由に格安で投資を行いたい人には、ネット証券が向いています。なかでもSBI証券は、提供されている情報ツールや手数料の価格などをトータルに比較すると、バランスがとれているので支持されています。

SBI証券の手数料体系は、国内株式の現物取引、信用取引共に、アクティブプランとスタンダードプランに分かれます。アクティブプランとは、少額取引やデイトレードなどに対応しているプランです。1日の約定代金の合計額でアクティブプラン手数料が決まるため、取引回数に関係なく売買が行えます。反対にスタンダードプランは、1注文の合計額毎に手数料が設定されています。大口の売買や中期や長期の取引に向いているプランです。

また、投資信託や外国株式、債券といった他の取扱商品の中には、SBI証券の手数料が無料のものもあります。手数料の一覧はSBI証券のサイトで確認できます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.