ハイブリッド預金とは

ハイブリッド預金とは住信SBIネット銀行の預金口座の一つで、SBI証券の口座と連動できます。

普通預金とは少し異なるハイブリッド預金

ハイブリッド預金とは、住信SBIネット銀行の預金口座の一つです。またSBI証券の証券口座を開設すると、SBI証券と連動した利用ができます。つまり住信SBIネット銀行のハイブリッド預金口座に入金をしておくと、その金額内でSBI証券が取り扱っている投資信託社債の購入などができるようになります。

ハイブリッド預金とは、普通預金よりも高金利が設定されている預金口座です。住信SBIネット銀行をはじめ、ネット銀行全般の普通預金の金利よりも、さらに優位な設定になっています。

しかし、住信SBIネット銀行の口座開設だけではハイブリッド預金の利用はできません。ネット証券のSBI証券の開設をして初めて利用ができます。ただ、金利は普通預金口座の中では1、2位を競うほどの好金利です。もし、タンス預金などがあって家の中で眠らせているだけなら、この口座に預けておいた方が断然オトクです。

ハイブリッド預金とはあくまでSBI証券口座との連携のための口座なので、普通預金のような利用はできません。たとえばハイブリッド預金から直接他行へ振り込みをすることはできず、いったん、普通預金口座への振替が必要になります。入金も提携ATMから直接ハイブリッド預金への入金はできません。こちらの場合は、先に普通預金への入金が必要です。普通預金から振替でハイブリッド預金へ入金することになります。

ハイブリッド預金とは、毎月の利払いがある口座でもあります。普通預金などの通常の銀行口座では、利息は半年に1回などの支払いです。しかし、ハイブリッド預金では利息が毎月第3土曜日に計算されて、翌日に口座へ振りこまれます。預けている元本が大きいほど毎月もらえる利息も多くなるので、預金している楽しみが大きいです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.