ハイブリッド預金の金利

ハイブリッド預金の金利は、住信SBIネット銀行の普通預金の金利よりも高いです。

ハイブリッド預金の金利は高金利

ハイブリッド預金の金利は、住信SBIネット銀行の普通預金の金利よりも高く設定されています。ハイブリッド預金の金利は、変動制で銀行都合による改定があります。現在のハイブリッド預金の金利の高さの目安として、同じ住信SBIネット銀行の半年物の円定期預金と同率設定になっています。また、楽天銀行大和ネクスト銀行などの金利が高いとされるネット銀行の普通預金金利よりも、4倍近く高い設定になっています。

しかし楽天銀行でも、マネーブリッジという楽天証券との口座連携サービスを行うことで、ハイブリッド預金以上の金利を提供しています。マネーブリッジは住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金と同じように、銀行と証券口座の資金移動が便利に行えるサービスです。

ハイブリッド預金は、金利が高金利なのもさることながら、利用のしやすさにも大きなメリットがあります。そして利用するには、SBI証券の口座開設が必要です。SBI証券の口座を開くだけで、ハイブリッド預金の利用が可能です。社債投資信託などの取引を必ずしなければいけないという縛りもありません。もちろん投資に興味が出てきたのなら、SBI証券を利用することができます。

通常、証券会社を利用する際には、事前に資金が必要です。他の証券会社では直接資金を預けるだけで預けたお金に金利は付きません。証券会社の口座は銀行の預金口座ではないからです。しかし住信SBIネット銀行のハイブリッド預金は預金口座になるので、預けるだけで高金利のメリットが受けられます

ハイブリッド預金の金利は高めに設定されているので、定期預金の代わりとしても利用できます。しかし提携ATMから直接入出金ができないために、引き出す場合はネット経由で普通預金口座に振替することが必要です。この一手間があるので、普通預金に預けているよりも使いすぎる心配がありません。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.