定期預金と株の違い

株には満期がないのが大きな違いです。

定期預金は銀行で、株は証券会社

定期預金と株の違いは、有り体に言えば、投資する企業を自分で選べるのが株、貸し付ける企業を投資者の代行で銀行が選ぶのが定期預金です。

定期預金ではお金を預けて満期まで放置すれば良いですが、株には満期がないのが大きな違いです。株で投資をすれば、資金を完全に引き揚げるまでは原則としてずっと、投資した企業の経営状況を、株価を通して観察する点が、定期預金との大きな違いです。

定期預金と株の違い

株は、定期預金と違い、安いときに買って高いときに売って儲けるものだ、と言われます。しかし、長期的に投資するスタイルならば、年に1度か2度、定期預金の金利に当たる配当金や優待券などが得られ、しかも率がかなり良いのです。ただし、定期預金と違い、株では元本割れは日常茶飯事で、預金保護制度の対象でもない点が、株が持つリスクとなっています。したがって、株は定期預金と違い、資産の多くを配分して運用するには向いていません。余剰資金で行う投資方法だといえます。

定期預金と株の違いは、扱う金融機関にも現れます。定期預金は銀行ですが、株は証券会社です。証券会社は銀行と違い、株も含めてリスクのある金融商品を扱うので、法律による規制が厳しいです。しかし、株と違い、つい安心してしまう定期預金のなかには、金利が高い代わりに銀行に有利な特約がついた商品があるので、注意しましょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.