東京スター銀行について

東京スター銀行の前身は、経営破綻した東京相和銀行です。

東京スター銀行の商品ラインナップは有名

東京スター銀行の前身は、1999年(平成11年)に経営破綻をした東京相和銀行になります。その後、2001年(平成13年)に今の名称である東京スター銀行として再開しました。一時期は株式市場に上場を果たしていましたが、大株主が何度も変わって上場と上場廃止を繰り返したため、ファンドのマネーゲームに使われていたといわれています。現在は台湾の大手金融機関である中国信託商業銀行の傘下になっています。

東京スター銀行は、一時期ひんぱんにテレビCMなどで、おまとめローンの宣伝をしていたのが記憶に新しいです。このCMで有名になったローン以外にも、スターワン住宅ローンやスターワン大口円定期預金、スターワン1週間円預金、仕組預金の右肩上がり円定期といった商品ラインナップが揃っています。

東京スター銀行の口座開設には、東京スター銀行スターワン口座の開設が必要です。この口座は総合口座として、普通預金定期預金、円建ての仕組預金などの円預金はもちろん、外貨預金の取引も行えます。別途審査が必要ですが、住宅ローンなどローン商品の利用も同一口座で行えます。

東京スター銀行は前身が東京相和銀行なので、既存の店舗を利用して、ファイナンシャルラウンジという支店を東京を中心に全国27店舗展開しています。他にその他の店舗として、全31支店があります。ファイナンシャルラウンジは保険の見直しなど、ファイナンシャルプラン的な情報提供も行い、リテールバンキングとして機能しています

また、支店数が少ないこともあり、新生銀行住信SBIネット銀行楽天銀行などのネットバンクに遜色のないインターネットサイトを運営しています。なかでもネットバンク専用の「スターワン1週間円預金」が人気です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.