預金利息

預金利息の動向は、資産を預け入れるときなどに特に気になります。

預金利息を多く得るには、情報収集が欠かせない

預金利息の上がり下がりは、金融機関に資産を預ける時に、とくにその動向が気になります。同じように預金をするなら、少しでも金利が有利で多くの利息が受け取れる方が良いためです。

そのため、既存の銀行のインターネット支店から特別に販売されるインターネット支店専用定期預金や、インターネット銀行が発売する高金利な定期預金は、新商品が発売されるたびに、定期預金ランキングといった観点からネット上で話題になります。また、定期預金ブログパーツなどの開発が行われて、いわゆる金融系とよばれるブログに掲載されていることもあります。しかしながら、現在の預金利息はまだまだ低い状態です。そのため少しでも有利な金利を設定している商品がないか、ネット上でもさまざまな情報発信が行われています。

預金利息の多い商品は、大抵が金利の高い商品です。多くの金融機関では、一年中様々な商品を発表しています。しかし一番の狙い目は、やはりボーナス時期に公開される特別金利キャンペーンの定期預金です。この時期はボーナスを目当てにして、各金融機関が特色のある商品を発表します。そのため、通常よりも有利な商品の登場する確率が高まります。

普通預金定期預金、スーパー定期、大口定期預金、積立定期預金、自動積立定期預金貯蓄預金といった金融商品を利用する前には、それらの預金商品はどれくらいの預金利息が設定されているのかを確認したいです。メインバンクの金利や、高金利で話題の銀行がどれぐらいの預金利息なのか、情報を精査してから加入するのが大切です。

金融機関で預金をすると、利息がもらえます。その利息は収入とみなされて、課税の対象になります。預金利息には国税と地方税、さらに2013年(平成25年)からは復興特別所得税が加わって、20.315%の税金が引かれています。引かれた税金は源泉分離課税という仕組みで、銀行が国に収めます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.