普通預金の利息計算

普通預金の利息計算は、金融機関で毎日行われています。

普通預金の利息計算の流れ

普通預金の利息計算は、銀行などの金融機関で毎日行われています。普通預金の金利は、円定期預金とは違って変動金利です。金利自体が毎日変わるわけではないのですが、普通預金は入出金が自由にできるので、残高が変わります。残高が変われば、普通預金の利息計算は一日毎に行われるので、利息の額も変わります。

普通預金は大抵、給料振込みや年金の受け取り口座として利用されます。また、光熱費や生活費、貯蓄などが引き出されたり、振り分けられたりもします。ですので普通預金は定期預金などに比べると、非常に流動性の高い口座です。

ですので、金融機関に長期間預けることになる定期預金の金利は、普通預金よりも高めに設定されています。けれども最近、金融機関によっては、定期預金並みの高い金利を設定している普通預金もあります。いざという時のためにいつでも自由に引き出せて、利息が多くもらえる高金利の預金商品を利用したい場合は、こういった普通預金口座の利用がオススメです。

普通預金の利息が入金されるのは、多くの銀行で、2月と8月、3月と9月の年2回が多いです。ジャパンネット銀行住信SBIネット銀行新生銀行などのネットバンクでは、毎月利払いを行う所もあります。

また、普通預金が利息計算されると、、所得税(国税、地方税)や復興特別所得税といった税金が利息から引かれます。その後、円普通預金口座に利息という形で入金されています。

普通預金の利息計算は、普通預金口座を開設した日から始まります。預け入れた日から満期日までの日数を、1年365日で日割り計算します。計算式は「毎日の残高×金利÷365=利息」です。その後、銀行によっては1円未満の端数を切り捨てます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.