定期預金の利息計算

定期預金の利息計算は、単利と複利では異なります。

定期預金の利息の求め方

定期預金の利息計算は、単利の場合と複利の場合とで異なります。単利での計算式は、「元本×金利(年利)÷365日×預入日数」になります。また、複利では「(元本+利息)×金利(年利)÷365日×預入日数」です。

定期預金の口座を開設する時、ついつい目がいってしまうのが金利です。そして定期預金の利息計算をして、実際にどれぐらいの利息が手に入るのかを考えます。預金額と金利を見比べて、大体の利息を想像したり、金融機関によっては利息表が掲載されているので、それを見比べたりします。

定期預金に限りませんが、自分で利息計算をして想定していた金額よりも、実際に付与される利息が少ないと感じることがあります。その理由は、利息には所得税や復興特別所得税などとして、20.315%の課税がなされるためです。また、定期預金の利息計算は少々複雑なので、銀行や金融系のブログでは、計算のためのツールが用意されている場合があります。そういった「定期預金利息シミュレーション」を利用すれば、定期預金の税引き後の利息なども、瞬時に分かります。

定期預金の金利は「金利○%」という感じで、その高さがアピールされていることがよくあります。けれども、すべての預金商品からは税金が引かれるので、その目立っている金利の表記の横に小さく書かれている、税引き後の金利を確認したいです。そして、その金利を元に定期預金の利息計算をすれば、満期にはどれくらいの利息が得られるのかが正確に分かります。

定期預金といえば、以前は1年や2年などのある一定期間、金融機関に預け入れる商品でした。そして長く預けることで高金利の恩恵が受けられました。しかし、最近では、満期が1週間や2週間という大変に短い商品も登場しています。主にネットバンク系の銀行になりますが、東京スター銀行楽天銀行新生銀行などの短期定期預金が人気を集めています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.