お財布代わりのATM

インターネット銀行が普及して、24時間利用できるATMの利用が増えています。

ATMの利用手数料

ATMは以前は銀行の中や百貨店、駅、スーパーの中に設定されている程度でしたが、いまやコンビニ各店にかならずATMがあり、利用もさらに身近になりました。

特に既存の銀行の他に、ネットバンクの台頭で24時間利用できる財布代わりの利用が増えています。新生銀行や住信SBIネット銀行、ソニーバンクの場合は、無条件でコンビニATMが利用可能です。なかでも新生銀行はすべてのコンビニATMを無条件にかつ手数料無料で24時間利用でき、他の銀行を圧倒するATMサービスを提供しています。

いまだに多くの場合、コンビニATMの利用には手数料がかかりますが、銀行が預金者に代わって手数料を負うことで利便性を向上させ、預金者獲得につなげている銀行は多いです。とくにネット専業銀行などでこの動きは顕著です。

ネットバンクの場合は、専用のATMをほぼ持っていません。その代わり、コンビニATMやゆうちょATMと提携しています。

既存の銀行も普通に利用をしていると時間外や入出金、他行振込手数料などを利用時に引かれます。そこで自行のメインバンク化と共に給与振込や年金振込、住宅ローン、クレジットカード一体型のキャッシュカードの作成の特典としてATMの利用手数料を無料にしている銀行がほとんどです。

メガバンクやネットバンク、いろいろな銀行がありますが、使い勝手のうちにATMの使いやすさ、煩わしい手数料を余分に取られないといった項目も注目したいです。普段の現金を介した利用はATMが中心になるためです。

ATMの立地はコンビニに設置されていることでかなり不便が解消されたと思います。あとは、どのATMが使えるのか、銀行によってどんな特典やサービスがあるのかなどを基準にすると、使い勝手の良い銀行を見つけることができます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.