コンビニATM

コンビニATMとは、コンビニに設置してあるATMのことで、今では広く普及しています。

コンビニATMの手数料の違い

コンビニATMとは、コンビニエンスストアにあるATMのことです。コンビニATMは今では設置されていない店舗を探すのが難しいほど普及しています。コンビニに寄った時に利用したり、銀行の支店が近所に無い時にコンビニATMを利用するといった使い方が多くなっています。

コンビニATMがこれほど全国に普及する前は、駅の近くにあるコンビニや、人の多いスポットの近くのコンビニなどに設置されていました。しかし、人通りの多い所なら銀行の支店があったり、駅のATMコーナーを利用すればいいので、当初はコンビニATMの利用者は限られていたようです。その後、住宅街の近くにあるコンビニや、銀行の支店が無い場所でコンビニATMを設置すると、どんどん利用者も増え今では各店1台ATMがあるほどです。

コンビニATMの利点は数の多さや、全国どこにでもあるコンビニに設置されている利便性、営業時間などがあります。コンビニは24時間営業の店が大半なので、深夜や早朝など時間を気にすることなく利用できるメリットがあります。反面、コンビニATMは、銀行にあるATMとは異なり硬貨が利用できなかったり、1回の取扱金額が少なかったり、通帳の記入ができないなど制限があります。

コンビニATMの利用は銀行により手数料が異なり、この手数料は銀行が決めています。ネット銀行の中には、顧客サービスとして完全手数料無料の所もあります。月に何度目かの利用は無料だったり、預金額、銀行の取引をポイント化し特典として手数料を無料にする銀行もあります。

基本的に、コンビニATMは手数料が有料の場合が多いですが、顧客サービスとして入出金の手数料を無料にしている銀行もあります。手数料の有無は銀行によって異なります。そのため、銀行ATMが遠くにあって使いづらい方は、コンビニATMをメインに使うことを前提に、手数料などをチェックしておくと安心です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.