ATMの入金

ATMへの入金は手数料が有料の場合があります。既存の銀行やメガバンクでも例外ではありません。

条件を満たせばATMへの入金が無料に

ATMへの入金は基本的にキャッシュカードか通帳を使います。ATMの画面に入金のパネルがあるのでそれを押して、キャッシュカードか通帳を挿入して口座へ入金します。入金後はキャッシュカードの場合は明細書が出てきます。通帳の場合は、入金額が記載され出てくるので金額を確認します。ATMへの入金作業はATMから音声で案内されるのでその指示に従えば簡単にできます。

ATMへの入金手数料が有料の場合があります。ネットバンクのように提携のATMならうなずけますが、既存の銀行、メガバンクなども例外ではありません。自分のお金を預けるのにどうして手数料が必要なのか、各銀行が行っている手数料が無料になるサービスを知らずに時間外に利用して手数料を取られたら、小額といえども頭に来そうです。

ATMへの入金が有料の銀行は意外に多く、メガバンクとよばれる大銀行や、地域に根差した活動をする地方銀行、インターネット専用銀行のネットバンクの中にもあります。しかし、そういった銀行の多くは、あらかじめ顧客に対して特典を用意しています。たとえば、ATMへの入金手数料が無料になったり、定期預金の金利がアップするなどのサービスです。それらの特典を受けるためには、給与振込や年金振込で銀行を利用している、クレジット機能一体型キャッシュカードを作成した、既定の預金額が口座にプールされているなど、各銀行により条件も様々です。なぜこのような条件を付けてサービスを行うのかというと、給与振込など長年の取引が望めるように、利用する銀行のメインバンク化のための特典になります。

ネット銀行でもATMの入金手数料が必要な銀行があります。たとえば、楽天銀行では3万円以上の入金は手数料が無料です。しかし、3万円以下場合は手数料がかかります。その回避策はハッピープログラムのエントリーです。ステージ別に特典がありATM手数料が最大7回まで無料です。

また、新生銀行などは自社ATMはもちろん、提携のセブン銀行、ゆうちょ銀行ATMでも入金手数料が無料になるサービスを提供しています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.