ATMの振込手数料

ATMの振込手数料は、窓口を経由した振込よりも手数料が安くなります。

ATMの振込手数料を無料にする特典

ATMの振込手数料は押さえておきたい支出の一つです。最近はネットオークションなどの利用で他行宛ての振込の機会が増えている方も多いかもしれません。ネット銀行からの取引で、振込手数料が無料の所もありますが回数も限られています。ATMの振込は一般的にはネット銀行より手数料がかかりますが、ゆうちょ銀行などでは自行宛の振込は手数料無料で利用できます。

ATMの振込手数料は、ATMでキャッシュカードや現金を他の口座に振り込むことでかかる料金です。銀行によってその手数料の料金は変わります。なかには同じ銀行同士は手数料がかからない所もあります。その反対に同じ銀行の同一支店内の振込でも手数料がかかる場合もあります。金融機関によっては、振込の金額でATMの振込手数料が変わる所もあります。だいたいどこの銀行でも振込金額が3万円未満の場合と、3万円以上の場合で振込手数料が異なっています。

ATMからの振込は窓口の取引より振込手数料が安くなります。しかし、振込手数料を節約したい場合はネットバンキングなどを利用した方が良いです。現金での振込の場合はATMを利用した振込が窓口の取引より手数料の面では安上がりです。けれど、現金の振込は10万円以上はできないので金額が大きい時はキャッシュカードでの取引が良いでしょう。

ATMの振込手数料を無料にする特典を付けている金融機関も中にはあります。その条件は様々ですが、特定のサービスに加入した場合に利用できるようです。たとえば、みずほ銀行の「みずほマイレージクラブ」はクレジットカードと一体型になったキャッシュカードの申込でクラブに加入します。クレジットカードでの取引や口座の残高が10万円以上の場合は自行宛のATM振込手数料が無料に、さらに他行宛も最大4回まで無料になります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.