銀行口座の解約

銀行口座の解約は、利用している取引店の窓口や、場合によっては他の支店でも可能です。

銀行口座の解約は、引っ越す前にやっておきたい

銀行口座の解約は、引っ越しなどで遠方に行くことになり、銀行の利用がしづらくなった時などに必要になってきます。口座解約の手続きは、利用している取引店の窓口で行えます。しかし、銀行によっては他の支店でも手続きが可能です。他の支店でも対応してもらえるかどうかは金融機関によって異なるので、利用している銀行では可能なのかを電話などで事前に確認しておくと安心です。

できれば銀行口座の解約は、引っ越しが理由の場合は、引っ越す前にやっておきたいです。というのも銀行の口座の解約には、免許証などの本人確認書類と印鑑、通帳、キャッシュカードなどが必要になるからです。

そのため、引っ越しをした後に手続きを行うと、免許証などに記載されている住所が変更されており、口座開設時の住所と異なります。そうなるとさらに、戸籍謄本などの引っ越す前の住所と引っ越した後の住所が記載された書類が必要になります。いちいち口座の解約のためにいろいろな書類を集めるのも、手間がかかります。

普段使っていない銀行だと、まれに印鑑や通帳を無くしている場合があります。けれどもそんな時は、窓口に喪失届を出すことで対応できます。喪失届の手続きは、窓口で印鑑や通帳を紛失した旨を話せば、行員が必要な書類を出してくれるので、指示通りにすれば大丈夫です。

通常、銀行口座の解約をするには、利用銀行の窓口や支店で行います。けれど、まれに郵送での対応をする銀行もあります。たとえば、シティバンク銀行などでは、円普通預金や外貨普通預金、米ドル普通預金のいずれかの口座を解約する場合は、郵送での口座解約ができます。その場合は、残高を国内にある金融機関の同一名義人の口座宛に送金できることが条件になります。

しかしシティバンクでは、満期前の外貨定期預金や投資信託仕組預金の利用があったり、住宅ローンの利用、クレジットカードの引き落とし決済前には、郵送での銀行口座の解約はできません。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.