ネット銀行の解約

ネット銀行の解約は、サイト上での操作のみで完了する場合もありますし、解約手続きの書類が必要な場合もあります。

ネット銀行の解約の前に、するべきこと

ネット銀行の解約は、サイトにログインした後に解約画面から手続きを行います。そのまま、ネットバンクのサイト上での操作のみで取引が完了する銀行もありますが、中には解約手続きの書類を取り寄せ、記入と捺印をした後に、利用口座の口座解約が受付される場合もあります。

ネット銀行の解約を行う前に、利用しているサービスを事前に解約しておく必要があります。たとえば、定期預金貯蓄預金、外貨定期預金といった貯蓄型の商品がそれに当たります。最終的にネット銀行の解約は、既存の銀行と同じように普通預金を解約することで完了します。そのため、普通預金の解約の前に、その他の預金商品を解約しておきます。

ネット銀行を解約する時に気を付けておきたいのは、口座に残金が無いようにしておくことです。口座にお金が残っている時は、振込ができる他行の登録が必要です。そのために、事前に残金を引き出してゼロにしておくと、手続きがスムーズになります。

ネット銀行では、定期預金などの金利が高めに設定されている商品が多いです。しかし、いざネット銀行の解約が必要になった時は、定期預金の中途解約を余儀なくされます。ネット銀行でも、通常の定期預金の中途解約なら元本保証がされているので、元本割れなどの心配はありません。しかし、満期前の解約には当初の高い金利ではなくて、ペナルティ金利が適用されるので注意が必要です。

また、ネットバンクを中心に人気なのが、金利の高い仕組預金です。仕組預金はデリバティブ商品を組み込んだ預金商品です。元本割れになるなどのリスクはありますが、高い金利が魅力の商品です。この仕組預金の多くは、中途解約ができないようになっています。そのために、ネット銀行の解約をする可能性がある場合は、仕組預金の利用自体を事前に検討しておきたいです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.