ファイナンシャルプランナーについて

ファイナンシャルプランナーとは、生活設計を資金面からアドバイスする専門家です。

ファイナンシャルプランナーは有資格の専門職

ファイナンシャルプランナーとは、相談者の生活設計を資金面から計画的にアドバイスする専門家です。結婚や出産、マイホームの購入、保険、資産運用など、人生のターニングポイントにどれぐらいの資金が必要で、どのように人生設計を行うかをサポートしてくれます。

ファイナンシャルプランナーは、国家資格であるFP技能検定の1級〜3級取得者(FP技能士)か、民間資格になる日本FP協会が認定するAFP認定者、さらに上位資格の国際ライセンスCFP認定者が名乗ることのできる専門職です。FP資格を取るには学科試験と実技試験があるFP技能検定に合格する必要があります。試験内容はライフプランニングの理論と実践が問われます。

晴れて試験に合格したFPは、独立開業したり、保険会社や銀行などの金融機関に勤めたり、不動産業で活躍したり、それぞれの道に進みます。また、個人のライフプランを充実させる目的で、お金の運用の仕方や税金、保険、年金などの分かりにくい金融関係の勉強をするために、ファイナンシャルプランナーの資格取得をする人もいます。

ファイナンシャルプランナーは、顧客の収入などの生活情報を正確に把握することが大切です。また、相談者からの信頼獲得は最低限必要になってきます。そこで若い人よりも年配の人のほうが人生経験の豊富さもあり、この職業では有利といわれています。そのため定年後にFPを目指す方も多いです。

FPへ相談するメリットは、ライフプランニングの優先順位がはっきりわかることです。たとえば、死亡保険の額や、医療保険には何歳から加入したほうがよいかといった細かい設計が可能になります。極端なことをいえば、「この保険は必要ないです」といった意見をダイレクトに聞くことができます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.