ファイナンシャルプランナーの仕事

ファイナンシャルプランナーの仕事は、顧客のライフプランの支援です。

ファイナンシャルプランナーの仕事は、生活に直結したプランニング

ファイナンシャルプランナーの仕事は、顧客のライフプランを計画的に支援することです。FPは、資産運用や保険、不動産、収入、支出などの情報を元に、充実した生活設計の立案やアドバイスを行います。FP技能検定の試験に合格してFP技能士の資格を得て、ファイナンシャルプランナーになります。FP技能士は資産設計提案業務を行ったり、顧客から相談を受けて資産運用のアドバイスを行います。

しかし、FP技能士になって事務所を構えただけでは、通常、相談者が押し寄せるようなことはありません。ファイナンシャルプランナーの仕事として無料相談を開催している所もありますが、お金のことや将来の生活についてアドバイスを受ける土壌が日本にはないに等しいからです。

そのためFPの多くは、銀行や保険といった金融機関に勤めている企業系FPとよばれる人が9割方といわれています。ほかに、企業への講演や執筆などといった形のファイナンシャルプランナーの仕事を主力にする人、さらに弁護士や税理士や公認会計士がFP資格を取得して、相談などを行っている独立系FPもいます。

ファイナンシャルプランナーの仕事は、家計の見直し、住宅ローンの借入や見直し、生命保険の加入や見直しといった、生活に直結したプランニングが多いです。そのために、相談者の家族構成や、収入・支出、預金や資産などを把握する必要があります。FP資格取得者は、守秘義務などの倫理上の法令順守もしっかり身につけているので安心です。

ファイナンシャルプランナーの仕事は、経済状況や政治の情勢なども考慮する必要があります。現状を正しく判断するために、民間の日本FP協会が認定するAFP資格者やCFP資格者は、2年毎に研修の受講と資格更新が義務付けられています。資格を取った時の知識だけでは最新のサービスが提供できないため、知識や技能の向上に努めています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.