ファイナンシャルプランナー(企業系)

ファイナンシャルプランナーには、企業系とよばれるタイプの人々がいます。

企業などの組織に属するファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーには企業系とよばれる人がいます。企業系FPは、銀行、保険会社、証券会社などの金融機関や、不動産会社やハウスメーカーなどに勤めている場合が多いです。

ファイナンシャルプランナーで企業系の人に相談する場合は、そのファイナンシャルプランナーが勤めている会社の商品を利用したい場合に有利になります。企業系FPは資格を持っていますが、あくまでその会社の従業員になるので、プランニングには会社の商品を中心としたものになります。たとえば、銀行ならその銀行が販売している住宅ローンや、保険会社ならその保険会社の生命保険を提案します。

そのため、企業系FPは自社商品には詳しいけれど、トータルなライフプランに必要な商品の提案は、あまり期待できません。とくに企業系FPは、他社の商品を提案できないからです。また、ファイナンシャルプランナーにはそれぞれに得意分野があります。企業系FPは自社の商品の勉強はしているでしょうが、他社の商品の把握まではできないために、その傾向が顕著といえます。

ファイナンシャルプランナーが企業系の場合は、相談費用などが無料の場合が多いです。企業に属しているファイナンシャルプランナーに相談する場合、有料の所はほとんどありません。まず気軽に相談をしてもらいたいので、企業側としては必要経費と考えているからです。ファイナンシャルプランナーに相談すると、どのような提案をしてもらえるのかを確認したいと考えている人や、初めてファイナンシャルプランナーに相談をする人などには、無料相談の利用がオススメです。

ファイナンシャルプランナーは企業系の他に独立系FPとよばれる人もいます。こちらは組織に属さずに、FP事務所を自分で立ち上げている本格派や、定年後に自宅開業をしている人など様々です。独立系FPには、時間ごとに相談料がかかる所もあります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.