ファイナンシャルプランナー(独立系)

ファイナンシャルプランナーには、独立系とよばれる人々がいます。

企業には属さない独立したファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーには、独立系FPとよばれる人がいます。独立系FPとは、銀行や保険会社や証券会社といった企業には属さず、ファイナンシャルプランナーを単独で行っている人のことです。同じファイナンシャルプランナーでも、銀行や生保や証券会社や不動産会社に勤めている人を企業系FPとよびます。

海外ではファイナンシャルプランナーの独立系FPは、この仕事だけで、生計が立てられるほど需要の多い職業です。しかし、日本ではまだそこまでの知名度がないのが現状です。店舗を構えたり、インターネットに自サイトを公開しても、お客様が殺到するという職種ではありません。しかし、なかには大きな事務所で多くのスタッフと共にFP事務所を開業して、成功している人もいます。

ファイナンシャルプランナーで独立系FPの方の主な仕事は、実際に顧客からの依頼でライフプランの相談に乗ることがあげられます。最近増えている来店型ショップで保険代理を扱う場合がこのタイプです。一社の保険商品だけではなく、複数社の様々な金融商品からライフプランを組めるので、希望により近い提案を受けることができます。

また、ファイナンシャルプランナーの独立系FPの中には、コンサルタント業務を主に行っている人もいます。こういった人は、他に税理士や労務士といった資格を持ち、さらにFP業務を付帯業務として行っている場合が多いです。1時間あたりの有料コンサルティングが主な業務となってり、取引先も個人から企業までと幅広いです。

ほかに、講演や原稿の執筆を行っている独立系FPもいます。企業や地方主催で、お金に関することや、税金、年金などの講演会の講師を行います。また、雑誌や新聞記事などのマネー講座を受け持っている人もいます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.