ファイナンシャルプランナーの選び方

ファイナンシャルプランナーの選び方は、まず相手がどの分野のエキスパートなのかを確認することからです。

ファイナンシャルプランナーのチェックを欠かさない

ファイナンシャルプランナーの選び方は、相談したいファイナンシャルプランナーがどの分野のエキスパートなのかを確認することから始めます。

ファイナンシャルプランナーによって、保険が専門だったり、住宅購入のためのローン選びが専門だったり、資産運用が専門だったりと、様々だからです。ですので、最初にファイナンシャルプランナーの選び方として注意したいのは、そのファイナンシャルプランナーが得意としている分野の確認です。

さらに、ファイナンシャルプランナーの選び方として、そのファイナンシャルプランナーは国家資格のFP技能士なのか、AFP資格者か、CFP資格を保持しているのか、どの資格を持っているのかも事前にチェックしておきましょう。

また資格の保有だけでなく、ファイナンシャルプランナーとしての実務経験の長さも考慮したいです。相談者の側にも色々なライフスタイルがあるので、その暮らし方に合った提案ができるファイナンシャルプランナーがベストです。それにはやはり、現場での経験がモノを言う場合が多いです。さらに現場経験の長い人は、多くのお客様と接している機会が多いので、多様なプランニングへの対応ができます。どのような商品が有利なのかを、具体的に提案してもらえる機会が増えます。

最近では、終身保険や生命保険選び、医療保険、定期保険、収入保障保険、養老保険などの保険相談や生命保険見直しなどの保険専門の来店型ショップも多くあります。興味のある人や保険の更新を迎えた人は、保険の相談をしたことがあるかもしれません。そういった保険会社専用のショップで対応するファイナンシャルプランナーの選び方にも、注意をしたいです。担当FPが専門知識が豊富か?話がわかりやすいか?強引な勧誘はないか?人柄はどうか?などをチェックしたいです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.