銀行の定期預金の金利の比較

銀行の定期預金の金利の比較

定期預金の金利の比較をするのなら、インターネットの活用が第一歩です。

預ける年数と金額で金利が決まる

銀行の定期預金の金利の比較は、ネットなどを使うと簡単です。もし今、預けている預金があるなら、その金利がどのぐらいなのかを調べるのも安易です。最初はちょっと気になることを調べるぐらいの気軽さで検索を掛ければ、様々な銀行が出している定期預金の違いに気付いていきます。そうすると、実店舗のある銀行に比べ、ネット専用の銀行の方が金利が高いと実感できると思います。

定期預金の金利は、預けた年数と金額に左右されます。金利1%以上の定期預金をピックアップすると、最低でも10万円を5年以上預ける必要があります。ネット銀行に多い商品ですが、純粋な定期ではなく、プラス外貨や投資信託を組み合わせて高い金利になる定期もあります。しかし、こういった商品はもちろんリスクがあり、結局、金利もハイリスク、ハイリターンな傾向のようです。

定期預金は貯蓄性が高いです。原則として解約はできませんが、その分、普通預金よりも高い金利です。一旦預けるとそのままになるので貯蓄に最適です。預ける期間も金額も目的により選ぶことができます。金利は基本的に、預金期間が長期なほど高くなります。

定期預金は、組んだ時の金利が満期まで継続されます。たとえば、今の金利が1%の場合、その後いくら不景気になって、金利が0.01%に下がろうと、満期までは1%です。原則として途中解約はできませんが、急にまとまったお金が必要になり、解約した場合でも元本は下回りません。

そういう理由で基本的にリスクがない商品といわれています。しかし、注意しておきたいこともあります。ペイオフ(預金保険制度)で1000万円の上限を超えた場合は、取引銀行の信用リスクが絡みます。また、解約した場合は中途解約利率(ペナルティ金利)が適用され、せっかく優位な契約でも金利が下がる場合があります。通常は、その銀行の普通預金の金利を下回ることが多いです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.