ゆうちょ銀行の貯金

ゆうちょ銀行の貯金とは、郵政民営化の前にはいわゆる「郵便貯金」と呼ばれていたものです。

ゆうちょ銀行の定期貯金や定額貯金が有名

ゆうちょ銀行の貯金とは、以前は郵便局で「郵便貯金」と呼ばれていた商品です。しかし郵政民営化に伴ってゆうちょ銀行に変更されてからは、「郵便貯金」という呼び方もだんだんとされなくなってきています。

ゆうちょ銀行の貯金としては、代表的な商品として定期貯金があります。定期貯金は口座開設後に預入期間を決めて、手軽に1000円から始められる貯金です。定期貯金は銀行などの金融機関が取り扱う定期預金と同タイプの預金商品です。預入期間は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年〜5年で、期間によって金利が異なる固定金利の商品です。しかし、3年未満の定期貯金は単利ですが、3年〜5年物は半年複利になるので、長い期間の預入が有利といえます。

また、ゆうちょ銀行の貯金においては、定額貯金も有名な商品です。この預金商品は、預入日から6ヶ月間は払い戻しができないタイプです。しかし、それ以降はいつでも自由に払い戻すことができます。定額貯金は10年間の預入期間があって、半年複利で運用されます。その時期の金融情勢で変更される恐れはありますが、預入をした後の3年間は半年ごとの段階金利が適用されます。そして3年目以降の金利が最高値となって、満期まではそのままの金利が続きます。けれども残念ながら最近は、金利の上昇はないままで推移しています。

さらに、ゆうちょ銀行の貯金には自動積立定期貯金もあります。ゆうちょ銀行の通常貯金に預けたお金を、毎月決まった日に自動で積み立てることができます。預入期間は3ヶ月、6ヶ月、1年〜5年の中から指定できます。1回あたりの積立金額は1000円からと少額でも可能なので、無理なく貯金が行えます。

この自動積立定期貯金は毎月決まった金額を積立する方法と、上限を事前に決めて通常貯金の残高から一定額の整数倍を積み立てる方式があります。通常貯金の残高が積立する金額に足りない時は、その月の積立は自動的にストップされるので安心です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.