金利について

金利はお金を借りた時に、借り手が貸し手に払うお金です。

金利は、お金の貸し借りで発生する

金利はお金を借りた時に、そのお礼や手数料の意味合いとして、貸してくれた人に借りた人が払うお金です。金利の表し方は、借りた金額に対して何円返すという表記ではありません。元本に対してどれくらいの割合になるかを%(パーセント)で表示します。

金利は期間によってその名前が変わります。1年単位の金利のことを年利といいます。また1ヶ月では月利、1日単位では日歩(ひぶ)といいます。通常の金利は年利で表されています

たとえば、銀行に預金する場合は、銀行にお金を貸していることになります。銀行はその預金のお金を独自に運用して、利益をあげています。銀行は、預金者からお金を借りている状態なので、そのお金に金利を付けて手数料のような意味合いで利子を払います。

金利は期間によって高低差が出てきます。銀行などの金融機関に預ける場合は、長い期間預けるほど金利は高く設定されています。ローンなどで金融機関にお金を借りる場合も、借りる金額が少なかったり、期間が短い場合は金利が高めに設定されます。

銀行の商品には、そのような形で金利の付いたものが多くあります。銀行を利用するときに馴染みの深い円普通預金や円定期預金をはじめ、外貨預金などの外貨普通預金や外貨定期預金、スーパー定期、積み立て定期預金、自動積立定期預金などの金融商品がそれに当たります。

金融機関を利用する場合は、銀行などからお金を借りる時にも金利が付きます。これらの金利は借入金利とよばれています。この場合の金利は、預金金利と違って高めの設定になっています。預金金利は現在は1%を下回る低金利ですが、借入金利の場合はローンの種類にもよりますが、2〜15%と高く設定されています。代表的なものだと、住宅ローンやカードローンなどがあります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.