金利とは

金利とは、お金を借りた側が貸した側に支払う料金です。

金利には様々な種類がある

金利とは、お金を借りた側が貸した側に支払う、ある一定の条件での料金を指します。借りるお金の額に対して半年や1年など、あらかじめ決めておいた期間分のレンタル料といえます。たとえば銀行の定期預金などの預金では、1年間の金利が1%の場合、100万円を預けると1年後の利息は1万円になります。

銀行のような金融機関では、預金などの金融商品には利子をつけます。当然、預金額や預金する期間が長い場合は、より有利な金利が設定されます。また、住宅ローンやカードローンといったお金を貸すローン商品の返済額にも、金利が上乗せで設定されています。このようなローン商品の金利は、種類が様々にあります。返済契約に応じて、長期金利や固定金利、変動金利といった形態があります。

お金を借りるのは銀行のほかに、消費者金融のようなローン専門の会社もあります。月末に少しお金が足りなくなった時など、手軽にお金を借りるなら、むしろ銀行よりも簡単に利用できます。しかし、長期間のローン契約の弊害が一時期表面化し、グレーゾーン金利や過払い金といった問題が起こりました。金利とは、お金を借りる場合は、その数値が大変重要になるので、きちんと確認しておきたい項目です。

また、金利とは景気に左右される場合が多いです。銀行が決める金利は各行で多少違います。けれども、だいたい同じような金利が設定されています。その理由は景気の停滞です。長い間のデフレ経済のために、政府はゼロ金利政策を継続しています。金利を低く設定することで、少しでも企業が金融機関から資金を借りやすくするためです。つまり、事業拡大を行いやすくするための施策です。

けれども、ローン金利など、お金を貸す側の金利が低い時は、預金金利なども低いです。そして金利が低いことで、積極的に金融機関にお金を預ける人も少なくなります。ですので、金利の上昇には景気の上昇が必要不可欠です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.