金利の決め方

金利の決め方は、基本的に各金融機関の判断に依ります。

政策金利と、10年もの国債の金利

金利の決め方は基本的に各金融機関が自由に決めてよいことになっています。現在、銀行の預金金利などは、金利が高めのネット銀行以外では、都市銀行や地方銀行は、ほぼ横ばいになっています。

各銀行は、顧客の預金額や住宅ローンなどの貸出金額を計算して、金利を決めます。預金の金利が高いと、利息を多く支払うことになります。

金利の決め方で参照しているのが、短期金利と長期金利です。短期金利は、普通預金や1年未満の定期預金の金利の参考にされています。短期金利は、政策金利ともよばれます。これは、銀行同士でお金が足りない場合に、無担保で貸し借りをするコール市場の金利です。この市場の金利をコントロールしているのが、日本銀行です。コール市場の金利は、景気が悪いと日銀が金利を下げ、景気が良くなると金利を上げて調整します。

もう一方の長期金利とは、1年以上の定期預金の金利に反映されています。長期金利は、市場で売買されている10年もの国債の金利がベースです。国債は銀行や証券会社などで、発行時に購入できます。その後、満期までの間に債券市場で売買が行われ、価格は日々変動しています。この国債の価格は、国内の景気の動向や株価、海外の景気の動向などが加味されて変化します。そのため、日銀が直接市場に影響を与えることが難しいといわれています。

預金以外の金利の決め方において、住宅ローンを代表とするローン金利も、短期金利と長期金利を参考に設定されています。変動金利型や短期固定金利型は、短期金利と連動しています。長期固定金利型のローンや完全固定型のローンは、長期金利です。

金融機関の金利の決め方は、政策金利や国債を目安にしています。そのため、利用したい金融商品の金利の動向を予想したり、有利に活用したい場合は、これらの金利を意識しておきたいです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.