インフレとデフレについて

インフレとデフレは、物価の状態を表す経済用語です。

インフレとデフレと貨幣価値の関係

インフレ、デフレとは、共に経済状況の中で物価の状態を表す経済用語です。

インフレは、正式名称をインフレーション(inflation)といい、物価が上がり、貨幣価値が下がり続けている状態をいいます。またデフレは、デフレーション(deflation)といい、インフレと反対に物価が下がり、貨幣価値が上がり続けることをいいます。

インフレもデフレも、極端になると経済活動に支障をきたします。そして消費者の生活が圧迫されます。インフレやデフレといった状態が、ゆるやかに続いている分には、急激な経済の悪化の心配は少ないといわれています。

たとえばインフレで景気が良い時は、消費活動も活発になります。モノが欲しい人が増えることで商品が品薄になり、需要量が増えて価格も上がります。モノの価値が高いものや、多くの人が欲しいと思うものは、多少値段が上がっても買いたい人は多いです。

モノの価値が上がって値段も上がると、それを製造している企業は儲かります。そして、その企業で働いている人たちの給料も上がります。好景気の中でのインフレが歓迎されるのは、このような状態だからです。

反対にデフレは、モノの価値が下がり、貨幣価値が上がり続ける状態です。たとえば、以前は5個1000円のリンゴが、10個1000円になった場合などです。同じお金でモノが多く買えるため、貨幣価値の上がっていることがわかります。

デフレも緩やかな状態で続くのなら、安くモノが買えるので消費者は生活がしやすくなります。けれどもデフレの状態が長く続けば、モノを作っても安く買い叩かれるので、会社は利益が出なくなり、従業員の給料も安くなります。利益が出ないのでモノの値段をさらに安くすると、利益も少ししか出せなくなります。このような状態をデフレスパイラルと呼びます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.