インフレとは

インフレとは、物価が上がり貨幣価値が下落し続ける経済状況です。

インフレでは、物の価値が上がり続ける

インフレとは物価が上がり、貨幣価値が下落し続ける経済状況のことです。英語の、膨張を意味するインフレーション(Inflation)の略となっています。また、モノの価値が上がるために、同じモノを手に入れようとすれば、以前よりもより多くのお金の量が必要になります。インフレは、デフレとは反対の意味で使われる経済用語です。インフレは景気の良い時に起きやすく、デフレは不況の時に起きやすいと言われます。

たとえば今までは100円だったパン1つの値段が、ある日を境に値を上げていき、最終的には1500円などといった高額になってしまうことです。インフレとは、その国の経済状況に応じて、モノの価値が上がり続けてしまうことをさします。

日本で起こったインフレとは、1986年頃〜1992年頃に起こったバブル経済が有名です。あの頃は日本経済も活況で、消費者も好況な経済状況の中で消費意欲が高まり、モノの価値もどんどん上がっていきました。それに伴って物価上昇率が上がり、賃金も上昇し、経済成長も目を見張らんばかりでした。そんな状況で起こったのが不動産バブルでした。都心の土地が急騰し、地上げや相続の問題などが社会問題化しました。

インフレとは、デフレと同じく、行き過ぎると生活に支障をきたしかねない経済現象です。けれども良いインフレの状態を目指すために、今の日本ではアベノミクス政策を推進しています。この政策では、景気を良くしてモノがよく売れる状態にし、企業が儲けることで従業員のサラリーアップを目指しています。

今の状態は物価が上がり、大企業の給料が少しずつ上がりましたが、中小企業への恩恵は数年先といわれています。また最近は、お店で売られているモノの値段が上がってきています。けれども、大多数の人の給料の上昇が物価の上昇に追い付いていないので、家計の圧迫が危惧されています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.