ペイオフについて

ペイオフとは、預金保護を行うしくみのひとつです。

預金保険制度というしくみ

ペイオフとは、預金者の預金保護を行う預金保険制度というしくみのひとつです。銀行では、金融機関の破綻を想定して保険に加入しています。ペイオフは、その保険の保護の方法の中のひとつで、預金者に直接保険金が支払われる方式のことをいいます。ペイオフ方式では、普通預金定期預金などの利子が支払われる金融商品を対象に、元本1000万円までが保証されています。ちなみに決済用預金などの利子が支払われない預金口座はペイオフの対象外で、元本1000万円以上の預金であっても、全額保証されます。

保険といっても預金保険制度は、預金者が個別に契約をする必要はなく、銀行が個別に預金保険機構に保険料を支払っています。預金者は金融機関で、普通預金や定期預金などの口座開設をすると、自動的に預金保険機構との間で保険関係を結ぶことになります。そのため、もしもの時には自動的にペイオフ制度を利用できます。

預金保険制度は金融機関が破綻をした場合に、その預金者を守るために作られた制度です。ペイオフは預金保険制度の一つです。保険の運営は1971年(昭和46年)に政府、日銀、民間金融機関の出資でつくられた預金保険機構が行っています。預金保険機構はアメリカの連邦預金保険公社をモデルに設立されました。

預金保険制度には、ペイオフのほかに資金援助方式があります。これは、破綻した銀行の預金の引き継ぎや店舗の合併や営業所の譲渡を、譲受金融機関が容易に行えるように支援するものです。

ペイオフは、2010年(平成22年)に日本振興銀行が経営破綻したために、日本で初めて発動されました。日本振興銀行は、ほとんどの金融機関が加入している全銀システムに未加入で、連鎖破綻などの不安につながることもないと判断されて行われました。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.