ペイオフのしくみ

ペイオフのしくみとは、預金保険制度で預金者の預金を保護することです。

預金保険制度で預金者を保護

ペイオフのしくみは、銀行などの金融機関が破綻をした場合に、預金保険制度によって預金者の預金を保護することです。預金保険制度により、普通預金定期預金などといった1000万円までの預金がある場合に、その元本と利息を保護します。金融機関が破綻するなど、万が一の場合は、預金者に直接、預金保険機構が保険金の支払いを行います

預金保険制度は、日本は元より多くの国で採用されています。これは、破綻金融機関の救済を主な目的にした制度です。ペイオフのしくみは、預金者が金融機関に預金口座を開設すると、預金保険法によって自動的に、預金者と金融機関と預金保険機構の三者間で保険関係が成立します。

銀行などの金融機関が経営破綻などに備えて加入している預金保険制度は、預金保険法で国内の金融機関は強制加入することになっています。しかし、預金者が、個別に預金保険制度の保険料を支払う必要はありません。金融機関がその預金量に応じて、毎年、預金保険機構に納付しています。預金額の多い金融機関は保険料も多くなります。ペイオフは、この預金保険制度の保険料で成り立っています。

いざペイオフが発動されると、多くの人が利用している普通預金などの利息の付く預金商品は、元本1000万円までとその利子分が保護されます。そして、保険金が預金保険機構から預金者に直接、支払われます。ペイオフは、銀行の再建が主になる資金援助方式と比べて、直接、預金者に関係のある保護法です。ですので、ペイオフのしくみには自ずと注目が集まります。

けれども、たくさんの金融機関に口座開設を行う手間を考えると、この方法はあまり支持されていません。ペイオフの対処法としては、利息は付かなくても全額保護される決済用預金の利用が人気です。金融機関の預金は低金利な商品が多いので、ほんの少しの利息よりも、安心安全を優先したい方におススメです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.