投資信託について

投資信託は、資産運用をプロにまかせることができる商品です。

投資信託の委託会社と販売会社

投資信託は、複数の投資家から集めた資金を、ファンドマネージャーとよばれるプロが運用し、利益が出たら投資家へ分配する投資信託商品です。投資家にしてみると、小額の資金で、難しい資産運用をプロにまかせることができる商品といえます。

投資信託は、委託会社とよばれる運用会社が企画・立案しています。運用会社では、投資家たちが魅力を感じる投資商品の内容を吟味して、実際に運用できる商品かどうかを判断します。商品化するためには、市場のニーズを把握することはもちろん、利益優先型やリスクの少ない債券といった商品コンセプトを立案して商品化します。三菱UFJ投信などが代表的な運用会社です。

次に、商品化された投資信託は、販売会社へ提案されます。販売会社では、投資家に向けて販売が可能かどうかを検討します。販売会社とは、銀行や証券会社になります。たとえば、楽天証券やカブドットコム証券などです。販売会社の顧客のニーズに合うと判断された投資信託商品は、取扱開始します。

販売を募集した投資信託は、様々な区分けをされています。細かな区分けにより、どのような種類の商品なのか分類されます。たとえば、運用前の募集期間に申込ができる「単位型」、販売されている期間中ならいつでも購入できる「追加型」などがあります。また、「オープンエンド型」は運用期間中、原則的に払い戻しが可能で、「クローズエンド型」は運用期間中の払い戻しができません。

世界中の株式や債権、不動産といったグローバル商品の組み合わせで構成されている投資信託ですが、タイプを大きく分けると株式投資信託と公社債投資信託の二つになります。株式投資信託は、株式が組み入れられている商品です。また、公社債投資信託は株式を入れず、国債や社債、金融債といった比較的安全性の高い公社債を中心に運用するファンドです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.