投資信託とは

投資信託とは、3つの会社によって運用される商品です。

投資信託の運用会社、販売会社、受託会社

投資信託とは、3つの会社がそれぞれの役目を果たしながら運用される投資商品です。

投資信託とは、三菱UFJ投信などの運用会社が、企画と運用を行う投資商品です。投資信託(証券投資信託)は、初めに運用会社(委託会社)が企画立案をします。投資信託の種類には、比較的高いリターンが望める代わりにリスクも伴う株式投資信託や、リターンはあまり望めませんが安定性の高い公社債投資信託があります。基本的に分散投資が行われ、リスクを分散することで安定した運用を目指しています。

投資信託とは、運用会社から販売を委託された販売会社で購入できる金融商品です。運用会社で商品化された投資信託は、楽天証券やカブドットコム証券などの銀行や証券会社が販売会社となり、投資家へ向けて公募や販売をします。販売会社では、それぞれの顧客に合った商品を提案します。取扱開始をした投資信託には、申込期間が定められます。運用を行う前に資金を募るタイプや、販売期間中なら自由に購入できる商品などがあります。

投資信託とは、投資家からの資金を受託会社が保管・管理し、預かった資金の保全が約束されている運用商品です。販売会社から一般の投資家へ販売された投資信託の資金は、受託会社である信託銀行へ預けられます。受託会社に集められた資金は、「信託財産」として管理されます。この信託財産とは、預けている受託会社の資産とは別に管理されます。そのため、受託会社やその他の関連会社がもしも破綻しても、資産への影響がなく安心です。そして、預けられた資金を元に、再び運用会社である委託会社がファンドの運用を行います。投資のプロのファンドマネージャーが投資家本人に代わって、投資信託商品を運用するのが投資信託です。

このように運用会社、販売会社、受託会社といった専門性の高い会社がそれぞれの役割を果たして運用するのが投資信託の特徴です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.