投資信託の購入

投資信託の購入は、販売会社である金融機関で行えます。

購入の前には、目論見書を確認すること

投資信託の購入は、販売会社である銀行や証券会社、保険会社、信用金庫といった金融機関で行えます。また、信託銀行などの運用会社が自社の投信の販売を行うこともあります。まず最初に、取引を行う投資信託口座の開設が必要です。口座は取引を行う販売会社に作る必要があります。

投資信託は、新生銀行などの金融機関でも購入できます。投資信託の購入の前にまずしたいのが、商品の取扱い説明書的な目論見書を確認することです。この目論見書は、購入を考えている投資信託の運用の方法や、どういった種類の投資を行うのか、運用をするにあたってのリスクなどが説明されています。投資信託購入の前に販売会社でパンフレットをもらい、商品の性格を見比べたり、担当者に詳細を相談しておきましょう。

どのような投資信託商品を購入するのかが決まったら、口座開設をした販売会社に投資信託の購入代金を入金します。申込した商品によりますが、販売している期間は異なります。そして指定日までに支払いを完了させます。投資信託の魅力でもありますが、1万円程度の小額からでも購入が可能です。毎月のお小遣いから少しづつ、資産を貯める気持ちで始めることができます。

投資信託の購入には、商品の代金以外に手数料が必要です。まずはじめに、投資信託を購入する時にかかる申込手数料が必要です。この申込手数料は、ファンドごと、販売会社ごとに料率が異なります。さらに税金も必要な場合もあるので確認しましょう。投資信託は保有しているだけで、管理手数料や保管手数料といった各種手数料が発生します。詳細は目論見書に記載されているので、こちらも事前に確認したいです。

投資信託の購入後は、運用はファンドマネージャに任せるので、その後の具体的なアクションは必要ありません。ファンドが決算を迎えた時に運用報告書が発行されるので、必ず確認しておきましょう。この報告書は年に1〜2回発行されます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.