投資信託のメリット

投資信託のメリットは、プロのファンドマネージャーが資産運用を代行することです。

プロの力をうまく活用できるのが投資信託

投資信託のメリットとは、投資初心者でもプロのファンドマネージャーが代わりに資産運用を行ってくれる所です。長年、銀行の低金利が続いているため、せっかくお金を貯めたいと思っても、銀行貯金をメインの資産運用にするには物足りない状態です。そこで、近年ブームなのが、株式投資などの資産運用です。

けれども、FXなどのリターンが大きな資産運用は、始めるのに経験や知識が必要になります。はじめの一歩を踏み出すのに、時間も資金もたくさん必要です。しかし、投資信託は、複雑な運用方法の知識を十分備えていなくても、運用自体はプロにお任せできます。さらに投資信託のメリットは、時間の短縮ができることでもあります。投資家は、投資信託を購入した金融機関から定期的に発行される運用レポートで、現在の資産の状況が確認できます。

投資信託商品の中には、毎月の投資額が1万円程度からの小額で始められるものもあります。安価な資産運用が可能なのが、投資信託のメリットです。さらに、積立投信なら月々千円〜といった手頃な価格のファンドもあります。証券会社で購入できる株式投資や債券などの取引は、まとまった資金が必要になるために気軽な投資が難しいです。しかし低額からの投資が可能な投資信託は、チャレンジのしやすさも魅力です。

小額からの投資ができる他にも、投資信託にはメリットがあります。それは、個人ではなかなか運用が難しいファンドにも、参加ができることです。とくに、金利が高くて魅力的でも個人ではなかなか情報が得にくいとされる、発展途上国の債権や株式を組み込んだ商品が購入できます。

また、リスクが高いけれどもリターンが期待できる銘柄や、利益は少なくとも安全な運用ができる債権など、様々な商品が組み合わされて投資信託は商品化されています。資産運用のプロがリスクを分散させた投資商品を作成しているので、安心感が得られます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.