投資信託のデメリット

投資信託のデメリットは、手数料というコストが必要なことです。

運用会社、信託会社、販売会社に支払う手数料がかさむ

投資信託のデメリットは、コストがかかることです。個人投資家が株式投資やFXなどの資産運用をする時には、運用の委託のための手数料は必要ありません。しかし、投資信託は運用会社や信託会社、販売会社にそれぞれ信託報酬や販売手数料などを支払います。そのような手数料が必要なので、コスト面での負担が意外と大きくなります。

また、投資信託は販売と運用がそれぞれ異なる会社で行うことが多いです。その場合は、販売会社に売買手数料を支払います。投資信託のデメリットは、関わる会社が多いため費用がかさむことです。たとえば、運用期間中は投資信託の保有額に比例して、信託報酬が間接的に信託財産から引かれます。ほかに、決算ごとに監査法人に監査を受ける費用として監査報酬を信託財産から差し引かれます。さらに、換金時には信託財産留保額を支払うケースもあります。

ほかに投資信託のデメリットとは、元本保証がないことです。銀行の預金などには元本保証がありますが、投資信託は投資商品なので、プロに運営を託していてもマイナスになる恐れがあります。利益があげられないまま投資信託を売却すると、購入時の金額よりも下回る可能性があります。

また、よく投資信託のデメリットといわれるのが、資産運用をプロに任せることにより、個人の投資のスキルが磨けないことです。どのような投資商品でも経済や社会情勢で流動します。そんな時に早めの対処を行うことで、リスクを最小限に回避できることがあります。けれども、投資信託を利用した投資方法では、なかなかそのような勝負勘を磨きにくいのが実情です。

さらに、投資の知識が身に付かないことにより、プロに任せている投資信託で損失が出た時に、何が原因で損失が出たのかも理解できません。個人で運用をはじめると、自己責任ゆえに金融関係のニュースに敏感になったり、情報を集めるようになります。そうした積み重ねで少しずつ知識が増えていくのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.