外貨での貯金

外貨での貯金にはいろいろな種類があり、外貨両替の活用もその方法のひとつです。

外貨両替、外貨預金、そしてFXの活用

外貨での貯金にはいろいろな種類がありますが、一番簡単な方法は外貨両替を活用することです。外貨両替は外貨両替専門店や空港や銀行などで行えます。外貨両替では日本円を米ドルやユーロ、豪ドルなどに替えて、その為替差益で利益をねらいます。具体的には円高の時により多くの外貨を購入しておき、円安になった時に円と交換します。そうするとより少ない円で外貨が購入でき、外貨をより多い円と交換することができます。これを繰り返していけば損はしません。

ほかに外貨での貯金ができる商品に、銀行などが取り扱っている外貨預金があります。外貨預金は各国の外貨ごとに金利が違い、為替手数料などの取引に掛かる為替コストもそれぞれ異なっています。ですので、より有利な金融機関を選ぶことが重要です。そして外貨預金の多くは、円預金と同じように普通預金と定期預金が用意されています。また、毎月コツコツと積立することができる、外貨自動積立定期預金もあります。

外貨預金は多くの銀行で利用できます。より有利に外貨での貯金をするには、金融機関選びをしっかりと行いたいです。普段からメインバンクとして使い慣れている銀行の利用も良いのですが、より金利が高くて、外貨を売買する時に掛かる手数料が安い銀行がおすすめです。そういった意味では、メガバンク地方銀行などといった既存の銀行よりも、ソニー銀行新生銀行などのネットバンクの方がおすすめです。

多くの外貨預金は円預金よりも金利が高いので、貯金としては魅力的です。しかし、メリットもあればデメリットもあります。たとえば、外貨預金は円預金とは違って預金保険制度の対象外になるため、取扱金融機関が破綻した場合にはペイオフによる救済が期待できません。

ほかに最近では、レバレッジ(てこ)をかけて少ない元手で大きな取引をするFXを利用して外貨の貯金をする人もいます。FXは外国為替市場で売買されている為替を、FX会社や銀行や証券会社などを通して取引します。為替レートや為替手数料はそれぞれの金融機関が独自に設定しているので、より有利な会社を選ぶことが重要です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.