金の相場

金の相場は、世界中の金市場で決まります。

金の相場は一日中、世界の都市で動く

金の相場は、世界中にある金市場で決まります。金価格は、ロンドン、ニューヨーク、日本などの取引所で売買されています。日本では、東京商品取引所で金の先物取引が行われています。

金取引には、現物取引や先物取引などの種類があり、金地金の現物取引価格はロンドン市場、先物取引はニューヨーク市場の価格が、金の相場として各市場の参考になっています。

金の取引もFX取引などと同様に、世界中で行われています。時差の関係で市場は24時間開いています。シドニーから始まり、東京、香港、チューリッヒ、ロンドン、ニューヨークと、一日中どこかの都市で金の相場が動いています。外貨取引と同じように、取引量の多いニューヨーク取引所(NY金)の相場情報に日本の金取引は影響を受けやすく、ニューヨークの価格が上がると大抵、日本の金相場も上がります。

金相場で決まる金価格は、需要が多ければ値段が上がり、需要が少なければ値段が下がります。相場で取引される多くの投資商品と同じ原理原則で、値段が決まっています。しかし金の価格は、社会情勢などの変動要因の影響で、通貨の価格が下がった時は買われる傾向があります。これは、有事の時の「金買い」と呼ばれます。金自体の価値が金融危機などの影響を受けず、価格変動が起こりにくいからです。

金の買取を行っているショップでも、この金の相場の価格を参考に買取価格が決まっています。金の価格はFXや株と異なり、大きな変動が短期間には見られない商品です。だいたい5年〜10年周期で保持しておきたい資産です。売買のタイミングを確認するには、金を取り扱っている業者のサイトにある金価格チャートを参考にします。チャートの動きによって、今が買いなのか、売りなのかが確認できます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.