金の売買

金の売買については、今では多くのお店が金の買取に注力をしています。

金の売買は、お店によって価格が異なる

金の売買は、今では多くの専門店やネットショップやリサイクルショップなどが、気軽に金の買取をしています。ネットに店舗があるお店では、Web価格といって通常よりも少し高めの金額を提示してくれるショップもあります。せっかく金を売るのなら、少しでも金価格の高いお店を利用したいです。

それらの金の売買を行うショップでは、買取のほかに販売もしているので、金地金はもちろん金貨などの金製品や、プラチナといった貴金属の購入もできます。なかには金買取専門の店もありますので、用途に合ったお店を探しましょう。

金を売買する時に気を付けたいのが、金地金や金貨の税金です。アクセサリーや貴金属としての金とは異なり、これらは投資商品です。そのため、購入時には税がかかります。逆に販売すると、消費税を受け取れます。また、売却時に利益が出ると譲渡所得になって、確定申告が必要な場合もあります。

金の買取価格は、金を売買するお店によって異なります。たいていは、毎日の金相場に合わせて値段が変動します。そして、販売、買取価格共に、お店の手数料を含めて表示されています。また、金の価格は金の純度も査定されています。通常家庭にある金製品などの貴金属は、純粋に金100%(24金)ではなく、18金や14金がポピュラーではないでしょうか。このように他の金属が精製された場合は、価格がお店の基準によって変わります。

限りのある資源なので、将来的にはもっと高額で金は売買されると予想されています。そのかわり短期的な値動きはあまり期待できません。というのも、金自体が利息を生むような性質の商品ではないからです。価格が高くなるのは、その絶対量の少なさと、戦争や経済事情などの有事の場合に、財産を保持したいと考える人が金の購入に向かうからです。そのため金投資に興味のある方は、早めの購入がおすすめです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.