金の投資

金への投資には、人気があります。

金投資のメリットとデメリット

金は投資商品としても人気です。金地金や金貨などの実物資産の購入や、金先物取引などの証拠金を利用した資産運用、金ETFのような上場投資信託の活用など、幅広い投資が行えます。

投資と呼ぶからには、金の投資自体には少なからずリスクが伴います。投資方法をよく吟味して利用したいです。

そんななかでも、初心者に人気なのが純金積立です。通常の金投資商品は当初、多額の投資金が必要です。しかし、純金積立の場合は、毎月1,000円からの小額積立てで行える手軽さがあるからです。また、純金積立を取り扱っている証券会社や、貴金属専門店で口座を開設すれば、毎月自動引き落としで積み立てをすることが可能です。

金の価格は比較的安定しているので、大きな損失もなくリスクが少ない投資商品です。しかし、ひとつの財産となるには長い時間がかかるのがデメリットです。ですので、財産をゆっくりとコツコツ育てたい方に向いています。

また、金の投資自体にメリットとデメリットがあるので、こちらも把握しておきたいです。メリットとしては、金そのものに普遍的な価値があるので、資産として考えるとゼロにはならない強みがあります。また、経済的な要因でインフレ時には金の価値が上がる場合が多いです。これは、インフレになるとモノの価値が相対的に高くなるために、実物資産の金の価値も上がる傾向があるためです。そもそも金は歴史的観点から見ても、通貨と同等に取引をされていました。それは現在でも万国共通の認識になっています。金は世界中で換金できる利点があります。

デメリットには、預金や株といった投資商品とは異なり、金自体に利息や配当金が発生しないことです。金の投資の場合は、利益は基本的に売買の時の差額になります。金の取引はドル建てで行われています。そのため、通貨レートによっては、換金時に金の価値が下がる場合もありえます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.