定期預金を見直す

まずは地道な貯蓄が必要です。

ともかく貯蓄を始めること

ここ数年は不景気が長引き、失業率も高いため、安定した収入や生活を手に入れることや、それを継続していくことは容易ではなくなりました。現在の経済状態に問題がなくても、今後のために出来る限り貯蓄をしておきたいと考える人も少なくありません。

しかし、さまざまな金融プランや財テクの情報が溢れており、どれにすべきか迷う人もいらっしゃるかと思います。今の時代は特に、お金についてのしっかりとした知識や確かな情報を持たないと、自分の財産を増やすどころか、守ることさえ難しくなっているようです。

そしてFX株式投資などでいきなり増やすことを考えても、ハイリスクであり、逆に資産を減らしてしまう可能性もあるので、知識の浅いうちは避けた方が無難かもしれません。さらにそうしたものにはまず、ある程度まとまった金額が必要であるため、なんにせよ、まずは地道な貯蓄が必要になってくると思われます。

手堅い資産運用の方法には、スタンダードな「普通預金」とともに、それよりも利子の良い「定額貯金」が一般的です。どの金融機関でも取り扱いがあり、リスクが低いため、昔から多くの人がまとまった金額の貯蓄方法として利用してきました。

定額貯金といえど、今の時代ではそんなに利子を期待するのは難しいというのも事実ではあります。しかし利率がいいものを探したり待ったりするよりも、遠回りなようですが、ともかく貯蓄を始めることが、お金を貯める一番の近道だと言われます。

いちど定期預金というものを見直し、その上手な運用方法や注意点など再考してみるとよいと思います。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.