株とは

株とは、株式会社が発行する株式と呼ばれる出資証明書です。

株とは、企業が資金を集める方法のひとつ

株とは、株式会社が発行する株式と呼ばれる出資証明書のことです。以前は株を購入すると株券が発行されていました。しかし、2009年(平成21年)からペーパーレス化により、コンピュータ管理の電子化がはじまりました。

株とは正式には株式といいます。株式は株券とも呼ばれ、株式会社に出資した証明のために発行されます。株を買うとは、その会社へ出資をしたことになります。出資者は会社の株を持つことと共に、会社の経営にも影響を及ぼす力を持つことになります。

株とは、企業が資金を集める方法のひとつです。そもそも株式を企業が発行するのは、その会社の支援者を広く募るためです。企業が資金を集めるには、金融機関への借り入れなどの方法があります。この場合は、金融機関へ借りたお金はもちろん、金利などの返済も必要になります。しかし、株式市場に上場した場合は、その企業は公募額分の資金調達ができ、返済の必要もありません。そういったメリットがあるので会社は上場を目指します。

株は、株式市場に上場した企業株を投資家が自由に売買できます。株とは、大きなお金が動くことや、株価が上下することで、ギャンブルに似ているといわれますが、投資のひとつになります。株を購入する側を出資者や投資家といいます。投資家が株を購入するメリットに、出資した会社が利益を出した場合には、配当金が支払われることをあげられます。また、購入した株は、第三者へ売買することができるので、購入時と売却時の差額が利益につながることもあります。

株の取引を行うには、証券会社の口座開設が必要です。主に証券取引所で取引されている株式を、証券会社を経由して購入します。その証券会社では、銘柄の株価や企業情報、取引のためのツールなどが無料で提供されています。その情報をもとに、株価が下がると買い、株価が上がると売ることを繰り返して、利益を得ることができます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.