株の利益

株の利益の出し方には、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」などがあります。

キャピタルゲインとインカムゲイン

株の利益の出し方には、おおまかにいうと「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」があります。

株を売買して得られる差益額の利益を「キャピタルゲイン」といいます。株式投資で証券会社から企業の銘柄株を安値の時に購入します。そして、その購入した株が上がった時に売り注文を出して、その売買が成立すると利益になります。

ほかに、「インカムゲイン」という利益を得ることもできます。これは、配当金や株主優待のことです。配当金は購入した会社の経営が上手くいき、利益の還元として支払われるお金です。配当金は年に1回か2回あります。企業によって、支払い日や支払う率も異なります。配当金は必ずあるわけではありません。企業の業績が悪い時は、無配になる場合もあります。しかし、逆に業績が上がった場合は、増配される時もあります。

お金ではなく、企業が販売している商品などをもらえるのが株主優待です。こちらも配当金と同じように、株の利益になります。株主優待も年に1回程度、直接、株主へ商品や割引券といった特典が送られます。この株主優待目当てに、その企業のファンが株を購入するパターンが多くあります

また、新規上場株のIPO投資でも、株の利益が出るとされています。こちらは市場に上場する前の企業株を証券会社が公募し、投資家が購入します。投資家は購入した株を、上場日に売ることができる仕組みです。上場日の初値は、事前の公募価格より高い確率で高額になるので、人気の取引となっています。

株で利益を出すには、株価が上がると見込まれる企業株を多額で購入し、最高値になった時に売ることです。しかし、多くの資金を費やすにはリスクもあるので、まだ株を始めたばかりの人は、最初は少額投資がすすめられます。だいたい、株価の推移が、1年〜数年の間にどのように起こるのかを見極めてから、徐々に投資額を増やすのが賢い方法です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.