社債と公共債

社債と公共債は、同じタイプの金融商品です。

社債は公共債よりも金利が高め

社債と公共債は、いずれも同じ債券投資タイプの金融商品です。債券は、定期預金よりも高い金利で運用することができる上、株式よりもリスクが低いという特徴があるため、近年人気が出てきています。

社債も公共債も債券であるため、その基本的な仕組みは共通しています。発行者は、債券の最低申込単位となる「額面金額」、資金を借りた対価として支払う「利息」、借りた資金を払い戻す「償還日」という3つの条件を設定し、債券を発行します。債券購入者は、その条件に基づき、償還日まで債券発行者に資金を貸し出すことにより、対価としての利息を得ることができます。

社債と公共債は、証券会社や銀行等の金融機関で取引されています。公共債の購入単位は、1万円、5万円、10万円など、比較的少額であるのに対し、社債の購入単位は、10万〜100万円と金額は高めです。また公共債は、一定期間を過ぎれば、償還日前でも途中換金をすることが可能ですが、社債は基本的に途中換金することができません。ただし、社債を第三者に転売することにより、現金化することが可能です。

社債と公共債の一番の相違点は、発行者です。社債の発行者は民間企業であり、会社の運営資金や設備資金を補うために発行される債券です。一方、公共債は、国や地方公共団体が、公営事業や建設事業の財源等を賄うために発行する債券です。公共債の種類としては、国が発行する「国債」をはじめ、地方公共団体が発行する「地方債」、政府関係機関等が発行する「政府保証債」があります。

社債は、公共債の金利よりも高めに設定される傾向にあります。これは、民間企業が発行する社債よりも、国や地方公共団体が発行する公共債の方が安定性があり、リスクが少ないと考えられているためです。社債は債権者が、発行会社の信用リスクを負うことになる分、国債等公共債よりも高めの金利が設定されているのです。

このように社債と公共債は、基本的な仕組みにおいては、共通する部分が多くありますが、取引金額や運用の面においては、社債の方がリスクが高めで、その分金利も高くなっています。そのため公共債と比較した場合は、社債の方がより投資性が高い商品だと言うことができるでしょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.