ドルの活用法

ドルの活用法としては、ドル建ての投資に人気が集まっています。

円安で注目を浴びる外貨預金やFX

ドルの活用法として、ドル建ての投資が人気です。外貨といっても、海外旅行などで身近に触れるのはドルです。親しみがあって信用性も高いため、外貨投資ではドル建てが中心になっています。とりわけ、外貨預金や外貨建ての投資信託といった商品がポピュラーです。

そして、そんなドル建ての投資では、ドルコスト平均法での投資が主流です。ドルコスト平均法とは、為替レートが変動する米ドルなどの投資商品を、円単位で設定額を決めて購入していく方法です。円高の時には、設定額の円で多くのドルが購できます。逆に円安の時には、高くなってしまったドルを設定額の円で買える分だけ購入します。これによって、平均購入価格を低く抑えられるので、上手いドルの活用法といえます。

ドルコスト平均法でのドルの活用法としては、毎月定額を積み立てていく商品や長期の投資商品があります。たとえば外貨投資信託なら毎月1万円分の定額投資や、FXなら毎月5000円の米ドルを購入するといった活用です。逆に定額投資ができない商品は利用できません。株式の購入やETFのような、一定の金額を投資する商品では無くて、株価で金額が変わる商品がそれにあたります。

また、株式投資のイメージが強いNISAですが、外貨預金の積立にも利用できるシステムです。NISAは1年間に100万円分の投資ができ、その利益分が非課税になります。また、5年間はNISA口座が維持できるので、1年毎にドル建ての定額口座を作ることもできます。お小遣いを貯める感覚で気軽に毎月1000円からの積立も可能です。また、円安時に解約すると、為替差益も利益になります。

今の日本の経済は、円安傾向です。そんな中でドルの活用法として注目されているのが、外貨預金やFXです。外貨預金は基本的に円安になれば得をして、円高になると損をします。外国為替では、そういった為替レートの変動を利用して利益が得られます。ただ、外貨預金は手数料の面でFXに比べると割高なので、気を付けたいです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.