為替について

為替とは、現金を直接相手に受け渡すことなくして、やりとりをすることです。

内国為替と外国為替に分かれる

為替とは、直接相手に受け渡すことなく現金の授受をすることです。それがたとえ国内での取引であっても、海外であっても、同じように定義されています。為替は銀行が行う商行為として、銀行法(1981年(昭和56年)改正)で定められています。そのため、ATMを使った銀行振込なども為替になります。

為替取引が始められていたのは、古くは鎌倉時代までさかのぼるといわれます。この頃の役人の俸給(基本給)として、年貢米を先取りできる権利が与えられていました。この権利を得られる証書として為替が発行されていました。また、江戸時代には商人から商品を購入する際、わざわざ両替商が間に入り、立て替えを行う方法が主流でした。為替の起源はこういったやりとりからきています。

現在の為替も、遠方にいる相手に直接現金を渡すことなく、取引することを意味します。大きく分けて、内国為替と外国為替があります。内国為替とは、同一国内にいる取引相手との為替取引のことです。原則として、日本国内での銀行振込や小切手や手形を用いた決済のこといいます。

また、外国為替は異なる国の通貨との交換を指します。外国の通貨と円を交換することも外国為替です。海外のインターネットショップで買い物をしてクレジットカードで決済を行う、このような場合も当てはまります。また、銀行などで行える外貨預金や外国証券に投資する外貨MMFFX(外国為替証拠金取引)、外国投資信託、外国株、外国債券、海外への送金なども外国為替になります。

最近は為替というと投資、とくに為替レートを参照にした外国為替の取引が人気です。為替変動からの利益を狙った売買が、銀行やFX会社などを通して個人でも行えるようになったためです。とくに、米ドル円やユーロドル、豪ドル円、ユーロ円、ポンド円、トルコリラ円といった通貨ペアの取引が活発になっています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.