定期預金の種類

定期預金の種類には、スーパー定期やスーパー定期300や大口定期、そしてネット定期預金、さらには積立定期預金や期日指定定期預金などがあります。

定期預金は資産運用の有効な手段

ひとくちに定期預金といっても、金融機関によってさまざまな種類の定期預金が数多くあります。その中でも基本となるのが、都市銀行や地方銀行(第二地方銀行)などで取り扱われている、スーパー定期とスーパー定期300と大口定期です。これらは預入金額によって分かれており、スーパー定期は300万円未満、スーパー定期300は300万円以上、そして大口定期が1,000万円以上です。また、ゆうちょ銀行では定期預金のことを定期貯金といっています。

そして金利や利便性の面で注目を集めているのがネット定期預金です。ネット銀行は店舗を持たないためコストを節約できます。そのぶん、ネット定期預金は普通銀行の定期預金よりも高い適用金利が設定されています。通常は窓口やATMで行っている残高照会や振込や振替などの銀行取引が自宅で可能となります。現金の入出金については、コンビニやゆうちょ銀行などにある提携ATMが利用できます。ただし提携ATMで入出金手数料のかかる場合があるので、事前の確認が必要です。

他にも定期預金の種類の一つとしてあげられるのが積立定期預金です。積立定期預金は、都市銀行地方銀行の窓口、ネット銀行などで取り扱っています。積立の方法には、契約時や預入時に毎月の積立額と振替日を個人で設定し、自動的に普通預金から口座振替で定期預金に積み立てる方法と、自動振替をせずに店頭やATMで随時預入することで積み立てる方法があります。また、自動振替口座を利用した積立方法には、あらかじめ満期日を指定した目標型や、満期日を指定せず積立を継続する自由型が選択できます。目標型、自由型どちらも一定期間に一定金額が積み立てられた後、応当日に1口の期日指定定期預金として取り扱われています。

期日指定定期預金とは、預入後1年間据え置いた後、最長3年以内の預入期間内であれば、満期日を自由に指定できる定期預金です。通常の定期預金は預入時に満期日が定められますが、期日指定定期預金は預入時に満期日を定めず、据置期間経過後にあらかじめ申し出ることで満期日を指定することができます。そのため、任意に満期日を設定することで中途解約の扱いとはならず、定期預金を中途解約する際の中途解約利率の適用もありません。また、期日指定定期預金は預入時の金利を満期まで適用できる固定金利商品で、適用される利率は各金融機関によって様々なので、仕組みについては商品概要説明書で商品性を確認する方が確実でしょう。受取利息は預入日からの預入期間に応じた1年の複利計算方式が適用されており、満期日以後に日割計算された利息と元金を一括で受け取る仕組みとなっています。期日指定定期預金は定期預金という性質上、普通預金より高い金利が設定されています。ですので、ライフイベントごとに満期日を設定して運用期間を定めることで、効率的な資金運用やマネープランを策定でき、お金の面でも目標に応じたメリハリのある生活となります。

また日本人はお金の管理や運用という面では、金融教育が整っていなかったこともあり、やや苦手な傾向があります。もし退職金などの多額の資金があっても、お金の管理を怠ったためにいつの間にか失っていたというケースも少なくありません。先ほどの積立定期預金は、現役世代が資産づくりのために給与振込の一部から積み立てるというイメージがあるものです。しかし効率的に自分の金融資産を通帳等で確認することができ、必要に応じた資金運用ができるので資産運用の有効な手段となりえる金融商品です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.