円の歴史

円の歴史は1871年から始まります。

円の歴史にまつわる興味深い話

の歴史は明治政府が1871年に定めた時から始まります。それより前の江戸時代には、両や分、文といった単位が使われていました。円の歴史の面白いトピックスとして、円の名前の由来があります。その一説に、人々がお金を表すときに人差し指と親指で円を作った所から、この名がついたといわれています。

円の歴史が始まる前には、硬貨の種類は、江戸幕府が発行していた小判などがありましたが、その他に全国各地の大名は自分の藩だけで通用する藩札という紙幣も発行していました。さらに幕末時代になると外国製の銀貨が大量に流入します。そのため、明治の初頭には日本のお金の制度は大変混乱していました。

そこで明治政府は、日本全国で利用できる統一したお金の制度作りに着手しました。これが円の歴史の始まりです。1871年(明治4年)5月には新貨条例が公布され、円・銭・厘という新しい単位が決定します。古いお金を新しいお金に換算するのに便利なように1両=1円と決められ、円滑に新しいお金の単位に移行できたようです。ちなみに当時アメリカドルの1ドルは、一両金貨と交換されていたため、円の為替相場は1ドル=1円だったことになります。

円は1853年のペリー来航による開国で開始された海外との貿易に伴い発足されました。1858年(安政5)年に締結された日米修好通商条約には、日本に不利な通貨条約が盛り込まれていました。具体的には、金銀の交換比率が、海外は15対1なのに対し、およそ日本は5対1だったのです。そのため、大量の金が日本から海外に流出しました。

ちなみに、当時の土佐藩士・坂本竜馬は、この不公平な通貨条約に気付き、明治政府の基本方針となった五箇条のご誓文の元になったとされる「船中八策」の8番目に、「金銀物貨宜シク外国ト平均ノ法ヲ設クベキ事」という文言を加え、金銀比率を正そうとしていました。もし、坂本竜馬が暗殺されなければ、不公平な金銀比率是正に乗り出し、海外との貿易活性化に奔走していたかもしれません。このような円の歴史にまつわる話も知っておきたいです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.