円高

円高とは、外貨と比べて日本円の価値が高いことです。

円高のメリットとデメリット

円高とは、外貨との比較で日本円の価値が高くなっていることです。ニュースなどでよく耳にする円高や円安とは、ドルに対して円の価値が上がったか、下がったかを指しています。

円高になるのは、為替相場でドルの供給が多くなった場合です。外国為替市場でドル円の取引を行う場合、ドルを円に替えたい人が増えると円高ドル安になります。たとえば、日本で作ったモノが海外で多く売れれば、売上金としてドルが日本にたくさん入ってきます。ドルをそのまま日本で使うことはできないので、円に両替します。ドルを売り、円を買う為替取引が増えると円高になります。

ほかに、日本企業の株価が高くなると、世界中の投資家が日本株を購入するので、日本に資金が入り、円高方向に向かうといわれます。また、今の金融政策では難しいかもしれませんが、日本の銀行の金利が海外の銀行の金利よりも高い場合には、ドルを円に替えて日本の銀行に預金されます。つまり、ドルが日本に入ってきて、円が必要とされるので、円高になります。円高は、日本にドルが入ってくる状態をいいます。

円高になると、日本円の価値がドルよりも高くなるので、輸入品が安く買えるメリットが出てきます。そのために、海外旅行に行く人も増え、海外のブランド品も安くなるので、購入する人も増えます。また海外で手に入る原材料や、燃料になる原油などが安く買えるので、食料品やガソリンや灯油などの価格も下がります。

反対にデメリットは、輸出企業が海外で販売しているモノの値段が上がって、モノが売れない状況になります。主に輸出品を取り扱っている会社の売上が減って、大打撃を受けます。日本では輸出業が盛んなので、多くの企業で採算が取れず、景気悪化の一因になるといわれています。ほかに、海外から日本に観光をする外国人旅行客の数が減ります。これは、観光立国を目指す日本にとってはマイナスになります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.