FXのメリット

FXのメリットはいくつかあり、小額の資金ではじめられるのもその一つです。

FXの様々なメリット

FXのメリットはいくつかあります。投資のための商品が今では様々にありますが、FX(外国為替証拠金取引)は、その中でも小額の資金ではじめられるので人気が高いです。

取引に必要な元手となる証拠金が、外貨預金といった投資商品より小額で済むのがFXのメリットです。たとえば、為替レートが1ドル=100円の時に、外貨預金で1万ドルの取引をする場合、必要になる資金は100万円=(100円×1万ドル)になります。外貨預金では、投資の前に資金の全額を用意する必要があります。しかし、FXではレバレッジをかけることで資金が小額でも大きな取引が行えます。この場合、100万円の取引を行うには、4万円の証拠金にレバレッジを25倍することで(4万円×25倍=100万円)投資が行えます。

さらに、FXは基本的に24時間、インターネット環境にあればいつでも取引が行えます。日本株市場は平日9時〜15時までの取引時間なので、サラリーマンがリアルタイムで取引を行うのは難しいです。しかし、FXなら月曜日の6時〜土曜日の6時まで取引ができます。また、取引が活発な時間帯が22時〜2時頃なので、仕事が終わってからでもトレードができます。

FXの投資で魅力なのは、少ない資金でも大きなリターンがあることです。しかし、積極的に通貨の売買を行うことなく、利益があげられるのもFXのメリットです。国により金利水準が違うので、外貨取引ではその差を調整するためにスワップポイントが発生します。スワップポイントはFX取引画面の売SW、買SWの表示でわかります。たとえば、売SWがマイナスの場合は、売りポジションのまま外貨を持っているとスワップポイントを支払うことになります。反対にプラスの場合は、毎日スワップポイントが増えていきます。

FXのメリットには手数料の安さもあります。外貨両替手数料が、外貨預金の場合は片道1円〜、ネットバンクでは片道9銭ほどですが、FXでは片道0.1銭〜になります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.