日銀ネットとは

日銀ネットとは、日本銀行が運営する電子決済システムです。

日銀ネットは、あらゆる金融取引の要

日銀ネット(日本銀行金融ネットワークシステム)とは、日本銀行が運営している電子決済システムです。1988年より稼働されたこのシステムにより、日銀本部と日銀の各支店、取引先金融機関のコンピュータが通信回線で結ばれ、資金決済および国債決済がオンライン化されました。

日銀ネットとは、日本の経済活動に欠かすことのできない、あらゆる金融取引の要とも言えるシステムです。そのため、近年増加している悪質なネット犯罪を防止し、システムの安全性を確保することが喫緊の課題とされています。日本銀行は、外部からアクセスできない形でネットワーク接続を行った上で、使用可能な端末や端末利用者を限定し、厳格なアクセス制御を実施するなど、最先端のセキュリティ対策を導入しています。

日本銀行は、日銀ネットに参加を希望する金融機関に対して、一定の参加基準を制定することにより、日銀ネット接続金融機関を厳しく選定しています。元々、日銀ネットに参加できるのは、日本銀行の当座預金取引先、または国債振替決済制度の参加者である銀行等金融機関と限定されていますが、さらに業務内容や経営状況、事務処理体制、リスク管理体制等においても、規定の条件を満たすよう求めることにより、参加者の質を高め、決済システムの安全性と効率性の維持を図っているのです。

日銀ネットは、国債決済システムの「日銀ネット国債系」と、資金決済システムの「日銀ネット当預系」の2系統のシステムで構成されています。「日銀ネット国債系」は、国債取引の資金決済を行うためのシステムで、国債売買時の決済や、国債発行時の入札・発行・払込みなどのオンライン処理を担っています。近年、リスクの低い資産運用手段の一つとして注目を集めるようになってきた個人向け国債ですが、これらを気軽に銀行窓口で購入することができるのも、このシステムがあるおかげなのです。

もう一つの「日銀ネット当預系」とは、主に民間金融機関の間での資金決済を行うためのシステムです。日銀ネットに参加している金融機関同士での決済(全国銀行内国為替)や、手形交換、外国為替の決済などのオンライン処理を担っています。つまり、私達が日頃、当たり前のように行っている、他の金融機関への振込みや送金といった取引を支えているのが、このシステムなのです。

つまり、日銀ネットとは、私達が日常生活の中で行っているあらゆる金融取引を支えている、必要不可欠な金融システムなのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.