定期預金の運用

目的や目標金額や期日をはっきり決めることが重要

貯蓄を強制的に、かつ当たり前に

定期預金を始めようと思ったら、まずどの銀行(金融機関)のどの商品を利用するのかを考えます。メガバンクにするのか、ゆうちょ銀行にするのか、地元の地方銀行にするのか、ネット銀行にするのか、あるいはその他の金融機関にするのかです。その際に一番に考えるべきことは、それぞれの金融機関が持つ定期預金の金利の値です。後々得られる利息が違ってきますので、公式サイトなどを見て慎重に金利比較を行いたいです。その際は優遇金利や特別金利やキャンペーン金利などが適用されるキャンペーンの有無も確認します。ネット銀行なら、住信SBIネット銀行やオリックス銀行やイオン銀行、そして新生銀行やソニー銀行や楽天銀行などが頻繁にキャンペーンを行っています。

ちなみに新しい金融商品として、投資信託や外貨預金がセットになったセットものの定期預金もよく目にするようになりました。その分、金利は高くなりますが、投資信託や外貨預金は元本割れのリスクがある金融商品なので、慎重に検討したいところです。

どの銀行(金融機関)の商品にするのかを決定したら、次は実際に口座を作ることになります。現在、ほとんどの銀行で口座開設手数料は無料になっています。直接、店舗の窓口に行って申し込む以外にも、インターネットバンキングやATMを使って申し込む方法もあります。そして定期預金の口座開設に必要なものは、本人確認できる書類と印鑑です。ただし原則として開設できるのは、ひとつの銀行につき一人一つの口座までなので、すでに普通預金口座をお持ちの場合は総合口座への切り替えとなります。

次に預入の金額や期間を決めます。まとまった金額を一括で預ける方法だけではなくて、積立定期預金などのような自動引落としの定期預金にすれば、毎月の積立金を無理なく決まった日に普通預金口座から自動的に振替できるので便利です。

上手な貯金のコツは、目的と目標金額とその期日をはっきりと決めることです。今ある資金とこれから貯めたい金額などを、学費や海外旅行や車の購入などといったイメージにしやすい形で、いつ、どこで、どのように使うのかを具体的に定めておくのも良いでしょう。

さらに途中で解約したり、預入を中断しないためには、貯蓄を強制的でかつ当たり前にしたいです。お金を貯めることを休まず継続するためには、お金を定期的に自動的に預入する自動積立定期預金(積立定期預金)が有用です。毎月お金が残ったら貯めるのではなくて、給料日などの収入があった日を引き落としの日に設定してしまえば、その引落とした金額を最初から無かったものとして生活できるようになります。もちろんそのためには、引落しを無理のない金額に設定することも大切です。

また、定期預金口座のある自分の銀行のキャッシュカードは、財布などの気軽に取り出せる所には入れず、取り出すのに苦労するところに保存するようにします。貯まった定期預金にうっかり手をつけてしまわないためにも、キャッシュカードや通帳と共に、当初決めた目的や目標金額などを詳しく書いた紙を添えておくのも効果的です。

株式投資などと同じく、定期預金への預入も立派な資産運用です。おまけに定期預金には元本保証まであります。初めての資産運用にはもっこいですし、堅実な資産運用を重んじる人にとってはファーストチョイスとなる人気の金融商品です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.